塗装に適した季節とは? その3「夏」

世田谷区で塗装工事に最適な「気候・季節・時期」を知って、失敗しない外壁リフォームを行いましょう。ペイントライン世田谷店が外壁塗装に関する豆知識やポイントをご紹介いたします。

夏場の外壁塗装で問題になるのは、天候というよりもお施主様にとって、向いているかどうかという話になります。外壁工事を行なっている間は窓を締め切る必要があるため、室内の気温が高くなります。常にクーラーつけておく必要があるため、クーラーを好まない人にとっては、あまり好ましい状況ではありません。

また、作業をおこなう塗装職人さんについても、気温が高いのでこまめな休憩や水分補給が必要になります。職人さんに休憩のお茶を用意するなど、気を遣うお施主様であれば、その分負担をかけてしまいます。猛暑日は職人の作業も厳しくなり、工程が伸びてしまうこともありえます。

職人にとっては暑くて大変ですが、塗料の乾き具合の計算をする必要もないため、次々と効率的に作業を進めることができるというメリットもあるのです。その分質のいい工事ができるでしょう。

暑さで塗料自体の温度もあがるため、冬と比べて塗料の伸びがよくなり、とても塗りやすくなるのも夏場の外壁塗装工事の特徴だといえます。塗料が塗りやすいということは透け・掠れなど塗り残しが少なくなるという事です。冬などの粘性が高くなる時期と比べても、塗りやすくするためにわざわざ塗料を薄める必要もなくなります。

つまり、塗装工事自体に関して言えば、乾きが早いため作業の進み方も早く、他の時期に比べて完全に乾いていないままの重ね塗りをしてしまうなどの懸念がありません。ですので、外壁塗装に向いているかどうかでいえば気候としては向いているのです。

記事の出典元:一般社団法人 外壁塗装協会
https://tosouginoushi.com/
世田谷区で外壁塗装・外壁リフォームを行っているペイントライン世田谷店による塗装リフォームBLOG - にほんブログ村


//////////////// 世田谷区で外装塗装修理ならペイントライン世田谷 /////////////////

世田谷区で塗装工事に最適な「気候・季節・時期」を知るなら世田谷区で外装塗装修理、外装修理、外装塗り替え、外装塗装、外装リフォームを行なっているイントライン世田谷店。気軽にご相談ください。

ペイントライン世田谷店
株式会社エムアンドエス

営業エリア:世田谷区、目黒区、町田市、調布市、狛江市